日々のことを日記でまったり更新する予定の普通の日記です。\ゆっくりしていってね!!/
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日も安定しているので更新~♪

リア友の唐突なメール。

それは、お互いにお題を出し合い、何か書くと言うものでした。

まぁ、暇だったし、そういう系に挑んでおきたかったので、…まぁ色々(

そうして、お題は○○と○○の甘い会話的なのだったのに、私は小説に…。

良いさ!良いのさ!

年明けてから読んだほうが、良いかもしれない小説だけど…。


さて、この小説を読む際の注意事項だが(上カラ目線乙

1:甘いです。コーヒーで言う微糖ですが、甘いです。

2:とっても短いです。

3:オリキャラちゃんが出てきますので注意(私のではなく、リア友のオリキャラちゃんが登場)



キリサキ×羽瑠樺ちゃん 簡潔小説




日の出まであと数時間前のとある海岸沿い。

「綺麗ですね~。」

羽瑠樺が隣にいるキリサキに話しかける。
それを、首を傾げるだけ無表情で返すキリサキ。
周りからは海の波の音ぐらいしか聞こえず、穏やかな時間が流れている。
二人は寄り添いあって、冬の寒さをしのぎながら、日の出を待つ。
羽瑠樺は体が弱いためキリサキ以上に着込んでいる。
それでも寒そうに体を震わせている。

「…大丈夫かい。君。」

「なんてことないです。寒いですけど。」

「本当かい?」

「本当ですよぉ~。疑うんですか?」

少しだけ面白がっているキリサキに、羽瑠樺がそう問う。
頬を少しだけ膨らませ、プゥー!と言っている様だ。

(可愛いな、やっぱり。)

心の中でそう笑うキリサキ。
面白がっているようだ。

「君はまだお子様だから、少し心配してるだけだよ。」

また、面白がりキリサキは羽瑠樺をお子様扱いし、そんな事を言う。

「もぅ!お子様じゃないですってぇ~。」

(やっぱりお子様だなぁ~。クスクス。)

そうして時間は流れていく。
何も無い時間。
二人は世間話をしながら日の出を待った。
けれどもその話題も、少しして尽き果てる。
何も無い時間がまた訪れた。
波の音だけしか聞こえない。
そんな時、不意にキリサキが羽瑠樺に話す。

「ねぇ。」

「…どうしたんですか?」

「……。」

何も言わないキリサキ。
そんなキリサキを見て、少し近づく羽瑠樺。
顔をキリサキの方へ向ける。

「あの…どうし…」

「どうしたのですか?」と羽瑠樺が言う途中、言葉がキリサキの行動によって途切れる。

「あっ…あの…!な…何を…!」

頬を赤らめ何とかしてキリサキの腕の中から出ようともがく羽瑠樺。
しかし強く抱きついているキリサキの腕から逃れることは出来ないでいた。
そんな時だった。


地平線の下から明るい”星”が空へ顔を見せ始める。
その”星”の明るい光は辺りの闇を吹き飛ばし、照らし始めた。

そしてその瞬間、羽瑠樺の耳に一つの言葉が届く。
それはすぐ近くから、ささやくように小さな声で。






「ずっと一緒に居てほしいんだ…。」







「えっ…今、なんて…。」

聞き返す羽瑠樺。




「二度は言わない。」

お互いの顔は隣り合わせ。



「えっ、あっ……あの…







私も…私も、一緒に居たいです…。」





二人を優しく包み込むように、太陽の光はそっと二人を見守った。









追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2011/12/31 17:25】 | 小説
トラックバック(0) |


月光
あああああああーッ!!熱い!体が熱い!!テンションがあがる!テンションがあがる!もう死んでもいい!


・・・・ふぅ
天馬s。年の最後にいいものを見せてもらいました。
ちなみに俺からしたらこれは微糖なんてもんじゃなくて
砂糖大さじ7杯くらいの破壊力でした。もうね!テンションあがった!ありがとう!

20番のスイッチを入手せず2011年が終わる。
IXA
相変わらずコメント書けなくてごめんなさい><
まぁ、仕事も生きる上では大事なので、お許しくださいorz
いっそ、フォーゼのリミットブレイクで(一蹴


歳末最後のコメントが感想ですねー、辛いのか甘いのかわかりませんが。
モノカキさん目線の感想書いておきます。

内容は自分個人の中ではあるけれど、全体的には良いのではないかと。
糖度は10点満点中の7点。やや甘いです。俺に10点のSSは不可能ですがorz
俺の穢れた心がスッキリするような、そんな内容で。うふふ(

後は、カギカッコの中の句読点ですね。普通の小説やラノベを見ると、
カギカッコの中に「。」ってやってる人はいないんですよね。
(一部の作家さんを除いて)
その点とかを少しずーつ、改善していけば、もっといいものに仕上がる…はず!><
なんだか上から目線でごめんなさい!!TT
まぁ、自分の書いたモノは大したモノではないんですが、すいませn(涙)


では、また来年!チャットも作ろうかガチで検討中なんで、
できたらぜひとも!!入れるかは仕事等の都合でわかりませんが^^;

ノシ

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。