日々のことを日記でまったり更新する予定の普通の日記です。\ゆっくりしていってね!!/
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく書いていこうとおもい、書くことにしました。
だけど、不定期更新の小説になると思うので・・・・・・^^;

では どうぞ

*モンスターハンター魂を継ぐ者・疾風の翼などとは一切関係ありません


主人公は、ポッケ村出身のドラゴです。
あることをきっかけに、ハンターになることを決意。
プロローグでは、まだ語られませんので。




プロローグ


僕は、この雪山にある村に住んでいる。

?:母さん!!ただいま!!

?2:おや、お帰りドラゴ。

ドラゴ:ただいま、ほら見て!! 今日の収穫見てよ!!

僕が、母さんに見せたのは『雪山草』って言う草。
僕は、朝から夕方まで、こうやって雪山草を見つけに『フラヒヤ山脈』を歩くんだ。

ドラゴの母さん:今日は、いっぱい取れたね。

ドラゴ:うん!!

僕の村の名前は『ポッケ村』、フラヒヤ山脈の中腹にある小さな村だ。
温暖期でも雪は溶けなくて、寒冷期には今の数倍寒くなるんだ。
そんな村に、一人の青年がやってきたんだ。
その青年が村に来てからは、この村は栄えてきたんだよね。

?:ドラゴ~、息子と一緒に剣術でも教えてやろうか?

ドラゴ:うん、教えてよキオさん!!

キオ:よ~し、じゃあ教えてやる!!

その青年の名前は、キオ。
元は、ジャンボ村という小さな村から来たんだ。

?:師匠~、今日は一緒に狩りに行くんじゃなかったんですっけ?

キオ:あぁ~忘れてた、すまんミモリ。

ミモリ:忘れてたじゃないですよ!!まったく~もぉ~。

4人:アハハハハハハハハ!!

小さくて寒い村だけど、ご近所の愛だけは暑い村なんだよね。
そのとき、僕はまだ10歳だった。

その年の寒冷期・・・・・
悲劇が起こってしまったんだ・・・・・。

僕は、いつものように雪山草をフラヒヤ山脈に取りに行ってたんだ。
その日の、フラヒヤ山脈の天気は吹雪だった。
冷たく、何もかも凍らしてしまいそうな風が山に吹いてた。

ドラゴ:うぅ~寒いや、雪山草を摘んで早く帰ろっと・・・・・。

そして、雪山草を摘んで家に帰ったんだ。
そしたら・・・・・・

ドラゴ:ただいま~~~・・・・・母さん?

ドラゴの母さん:・・・・・・・・・。

ドラゴ:母さん!!母さん!!

母さんは、冷たい雪のようになってたんだ・・・・・。

ドラゴ:母さーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!








どうでしたか?
プロローグで、こんなにしていいのかな?って思いつつ書きましたが・・・・・。
さて次回は↓

第一章 雪山のドラゴ
です。

お母さんが亡くなってから、2ヶ月
ドラゴはどうなったのか?
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
主人公は、ポッケ村出身のドラゴです。
あることをきっかけに、ハンターになることを決意。
プロローグでは、まだ語られませんので。




プロローグ


僕は、この雪山にある村に住んでいる。

?:母さん!!ただいま!!

?2:おや、お帰りドラゴ。

ドラゴ:ただいま、ほら見て!! 今日の収穫見てよ!!

僕が、母さんに見せたのは『雪山草』って言う草。
僕は、朝から夕方まで、こうやって雪山草を見つけに『フラヒヤ山脈』を歩くんだ。

ドラゴの母さん:今日は、いっぱい取れたね。

ドラゴ:うん!!

僕の村の名前は『ポッケ村』、フラヒヤ山脈の中腹にある小さな村だ。
温暖期でも雪は溶けなくて、寒冷期には今の数倍寒くなるんだ。
そんな村に、一人の青年がやってきたんだ。
その青年が村に来てからは、この村は栄えてきたんだよね。

?:ドラゴ~、息子と一緒に剣術でも教えてやろうか?

ドラゴ:うん、教えてよキオさん!!

キオ:よ~し、じゃあ教えてやる!!

その青年の名前は、キオ。
元は、ジャンボ村という小さな村から来たんだ。

?:師匠~、今日は一緒に狩りに行くんじゃなかったんですっけ?

キオ:あぁ~忘れてた、すまんミモリ。

ミモリ:忘れてたじゃないですよ!!まったく~もぉ~。

4人:アハハハハハハハハ!!

小さくて寒い村だけど、ご近所の愛だけは暑い村なんだよね。
そのとき、僕はまだ10歳だった。

その年の寒冷期・・・・・
悲劇が起こってしまったんだ・・・・・。

僕は、いつものように雪山草をフラヒヤ山脈に取りに行ってたんだ。
その日の、フラヒヤ山脈の天気は吹雪だった。
冷たく、何もかも凍らしてしまいそうな風が山に吹いてた。

ドラゴ:うぅ~寒いや、雪山草を摘んで早く帰ろっと・・・・・。

そして、雪山草を摘んで家に帰ったんだ。
そしたら・・・・・・

ドラゴ:ただいま~~~・・・・・母さん?

ドラゴの母さん:・・・・・・・・・。

ドラゴ:母さん!!母さん!!

母さんは、冷たい雪のようになってたんだ・・・・・。

ドラゴ:母さーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!








どうでしたか?
プロローグで、こんなにしていいのかな?って思いつつ書きましたが・・・・・。
さて次回は↓

第一章 雪山のドラゴ
です。

お母さんが亡くなってから、2ヶ月
ドラゴはどうなったのか?
スポンサーサイト

【2009/08/24 12:10】 | 小説
トラックバック(0) |


モンハン小説キターーーーーーーーーーーー!!!
・・・・天馬sが書き始めるかなーと予想できたのはなぜだろうwww
ふむ・・・お母さんが・・・むむむ。
まさかモンスターの仕業・・・とか?
それならドラゴ君がハンターになるのも
つじつまがあうなぁ・・・

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
モンハン小説キターーーーーーーーーーーー!!!
・・・・天馬sが書き始めるかなーと予想できたのはなぜだろうwww
ふむ・・・お母さんが・・・むむむ。
まさかモンスターの仕業・・・とか?
それならドラゴ君がハンターになるのも
つじつまがあうなぁ・・・
2009/08/25(Tue) 14:33 | URL  | 月 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。