日々のことを日記でまったり更新する予定の普通の日記です。\ゆっくりしていってね!!/
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも皆様、「今更、更新かよ」と言われかねないですが、一次創作小説更新のお時間です。

長いあいだお時間頂きましたが・・・

全く進んでません!

ひえー!

それに加え、路線変更する羽目になりました!

ひえー!!

理由を添えると、

スランプで書くに書けない期間が長かったため、内容その他もろもろを水平線の彼方に投げ捨ててしまいました!

ひえーー!!!

さらに、何か色々追加してかなきゃ、あかん状態に!

ひえぇーーー!!!!

次更新するときにも、またこうなるかもしれません。

お許し下さい・・・OTL

ま・・・まぁけど、キャラの口調なんかは変えないように気をつけますので・・・。

ちなみに、次回から主人公の奏太君に色んなスキルが追加されています。

さて・・・こ・・・更新しても良いですか?

追記に書いておきますんで、お読みになってください><

み・・・短いっす



二人が店を出て30分すると、東條が店から出てくる。
後ろについている藤阪の手には大量の紙袋。
その紙袋を持ったまま、車のバックを開け、紙袋を丁寧に入れる。

「では、水戸様、藤宮様参りましょうか。」

そう東條が言うと車の後ろから、藤阪が現れ、ドアを開ける。
そうして、二人は車に乗り込み、東條の家へいくのだった。

東條家
車が家の前に到着すると、初めに迎えるのが巨大な白壁と巨大な黒門。
その少し先に、巨大で綺麗な洋館が堂々と建っている。
洋館は白を基調としたとても綺麗な色彩で、西洋の王宮のような雰囲気を出している。
ゆっくりと門が開く。
門が開くと、吸い込まれるように車が門を通り、洋館の前まで行く。
そして、ゆっくりと玄関のドアの前で止まる。
運転をしていた藤阪が、車から出て後ろへまわり、席のドアを開ける。
それとほぼ同時に、玄関のドアが開いて中から数名の執事とメイドが出てくる。

「「おかえりなさいませ!佐織お嬢様!いらっしゃいませ!水戸様!藤宮様!」」

出てきた執事とメイドが縦一列に並ぶと、直立不動の姿勢からお辞儀へ、そして元気な声でそう言った。

「前のメイド二人、水戸様と藤宮様の荷物を持って差し上げなさい。あと、客間へ案内してあげて。」

「「かしこまりました。」」

そう東條が言うと、左右の列の一番前に立っている2人のメイドが、車から出た水戸と奏太の前に来る。
そして、声を揃えて「荷物をお持ちします」と言い、手を差し出してくる。
水戸と奏太は、その二人のメイドに持っていた荷物を手渡す。

「「客間へご案内いたします。」」

声を揃えて二人のメイドは、水戸と奏太を客間へ案内する。
玄関から中へ入ると、初めに目に入るのはとても広いロビー。
そのロビーの真ん中に二階へ上がるための階段がある。
その階段を上り、廊下を左に進む。
すると、戸が素晴らしい数並んでいて、その先には色々な部屋となっている。
そのうち、左から二つ目の少し大きな扉の部屋が客間。
中に入ると、とても大きい部屋で、真ん中に高級感あふれる細長い机と、それと同じぐらいの長さで高級感あふれるソファが二つ向かい合うような形で並んでいる。

「でかいなぁ」

「「しばらくこちらでお待ちください。」」

そう言って、メイド二人が部屋から出て扉が閉まる。
部屋は西洋の調度品が綺麗にかざられている。

しばらくして、客間のドアが開き、東條とメイドが入ってくる。

「お待たせしましたわ、藤宮様、水戸様。お茶にしましょう。」



そうしてしばらく時間が経つ。
紅茶がティーカップの中で優雅に波紋を立てている。

「しかし、この紅茶良いな。」

「本場の茶葉を使った紅茶ですわ。」

「さすが佐織、俺らとはレベルが違うわ。」

「ふふっ、水戸様お褒めになっても何も出ませんわよ?」

そう優しく笑いながら、右手で紅茶の入ったティーカップを持ち水戸と話す東條。
楽しい会話、外では花が優雅に揺れている。
ワイワイ世間話などをしゃべりしながら、時間が過ぎていった。
奏太と水戸が帰ろうとすると、東條が引き止めて一言言う。

「お二人とも、家まで送りましょう。」

もちろん二人はそれを断るのだが、東條の優しい笑みにより快く送ってもらうことにした。
この時、奏太は少しだけ「東條のあの笑みは少しだけ怖い」と思う。






次回予告的ななにか

次回は、奏太君の家を初公開ーと同時にスキル追加、異端児登場ってぐらいだと思う。

まだ書いてる途中だもん!わっかんないよ!!

今はそんなことより、艦これでゴーヤちゃんこと「伊58」がほしいのじゃ

巻雲ちゃんは手に入れたけんのぉ

え?はよ書けって?はい、書きます・・・。

そういやタイトルどうしましょ?

一応決まってはいるんですがね・・・。

微妙なんすよ・・・。

まぁ、もっと良いのが出てきたらそれにでもしようと思います。

現タイトル(仮):現代百鬼夜行

うぅ・・・にゃぁーーーーーーーー!!
スポンサーサイト


追記を閉じる▲



二人が店を出て30分すると、東條が店から出てくる。
後ろについている藤阪の手には大量の紙袋。
その紙袋を持ったまま、車のバックを開け、紙袋を丁寧に入れる。

「では、水戸様、藤宮様参りましょうか。」

そう東條が言うと車の後ろから、藤阪が現れ、ドアを開ける。
そうして、二人は車に乗り込み、東條の家へいくのだった。

東條家
車が家の前に到着すると、初めに迎えるのが巨大な白壁と巨大な黒門。
その少し先に、巨大で綺麗な洋館が堂々と建っている。
洋館は白を基調としたとても綺麗な色彩で、西洋の王宮のような雰囲気を出している。
ゆっくりと門が開く。
門が開くと、吸い込まれるように車が門を通り、洋館の前まで行く。
そして、ゆっくりと玄関のドアの前で止まる。
運転をしていた藤阪が、車から出て後ろへまわり、席のドアを開ける。
それとほぼ同時に、玄関のドアが開いて中から数名の執事とメイドが出てくる。

「「おかえりなさいませ!佐織お嬢様!いらっしゃいませ!水戸様!藤宮様!」」

出てきた執事とメイドが縦一列に並ぶと、直立不動の姿勢からお辞儀へ、そして元気な声でそう言った。

「前のメイド二人、水戸様と藤宮様の荷物を持って差し上げなさい。あと、客間へ案内してあげて。」

「「かしこまりました。」」

そう東條が言うと、左右の列の一番前に立っている2人のメイドが、車から出た水戸と奏太の前に来る。
そして、声を揃えて「荷物をお持ちします」と言い、手を差し出してくる。
水戸と奏太は、その二人のメイドに持っていた荷物を手渡す。

「「客間へご案内いたします。」」

声を揃えて二人のメイドは、水戸と奏太を客間へ案内する。
玄関から中へ入ると、初めに目に入るのはとても広いロビー。
そのロビーの真ん中に二階へ上がるための階段がある。
その階段を上り、廊下を左に進む。
すると、戸が素晴らしい数並んでいて、その先には色々な部屋となっている。
そのうち、左から二つ目の少し大きな扉の部屋が客間。
中に入ると、とても大きい部屋で、真ん中に高級感あふれる細長い机と、それと同じぐらいの長さで高級感あふれるソファが二つ向かい合うような形で並んでいる。

「でかいなぁ」

「「しばらくこちらでお待ちください。」」

そう言って、メイド二人が部屋から出て扉が閉まる。
部屋は西洋の調度品が綺麗にかざられている。

しばらくして、客間のドアが開き、東條とメイドが入ってくる。

「お待たせしましたわ、藤宮様、水戸様。お茶にしましょう。」



そうしてしばらく時間が経つ。
紅茶がティーカップの中で優雅に波紋を立てている。

「しかし、この紅茶良いな。」

「本場の茶葉を使った紅茶ですわ。」

「さすが佐織、俺らとはレベルが違うわ。」

「ふふっ、水戸様お褒めになっても何も出ませんわよ?」

そう優しく笑いながら、右手で紅茶の入ったティーカップを持ち水戸と話す東條。
楽しい会話、外では花が優雅に揺れている。
ワイワイ世間話などをしゃべりしながら、時間が過ぎていった。
奏太と水戸が帰ろうとすると、東條が引き止めて一言言う。

「お二人とも、家まで送りましょう。」

もちろん二人はそれを断るのだが、東條の優しい笑みにより快く送ってもらうことにした。
この時、奏太は少しだけ「東條のあの笑みは少しだけ怖い」と思う。






次回予告的ななにか

次回は、奏太君の家を初公開ーと同時にスキル追加、異端児登場ってぐらいだと思う。

まだ書いてる途中だもん!わっかんないよ!!

今はそんなことより、艦これでゴーヤちゃんこと「伊58」がほしいのじゃ

巻雲ちゃんは手に入れたけんのぉ

え?はよ書けって?はい、書きます・・・。

そういやタイトルどうしましょ?

一応決まってはいるんですがね・・・。

微妙なんすよ・・・。

まぁ、もっと良いのが出てきたらそれにでもしようと思います。

現タイトル(仮):現代百鬼夜行

うぅ・・・にゃぁーーーーーーーー!!
スポンサーサイト

【2013/11/25 17:30】 | 一次創作小説
|


ペアル
そのひえーひえー言うのをやめなさい!(
どうも、(ここにコメントするのは)久しぶりです。ペアルです。
小説は書きたいと思った時に書けばいい。定期更新なんて飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ!
…まあそれは置いといて、
相変わらず細かい表現が丁寧でいい文章ですね…俺も見習いたい。
変なスキル追加とかそんな事はどうでもいい…っつーか気にしないんで、このまま思うように進めちゃって下さい。応援してます。

タイトル…現代百鬼夜行ってつまり妖ぼk(ry

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
そのひえーひえー言うのをやめなさい!(
どうも、(ここにコメントするのは)久しぶりです。ペアルです。
小説は書きたいと思った時に書けばいい。定期更新なんて飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ!
…まあそれは置いといて、
相変わらず細かい表現が丁寧でいい文章ですね…俺も見習いたい。
変なスキル追加とかそんな事はどうでもいい…っつーか気にしないんで、このまま思うように進めちゃって下さい。応援してます。

タイトル…現代百鬼夜行ってつまり妖ぼk(ry
2013/11/25(Mon) 18:03 | URL  | ペアル #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。