日々のことを日記でまったり更新する予定の普通の日記です。\ゆっくりしていってね!!/
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の更新^^;
今回はエピローグです。
えぇ~と・・・・・・まじでまじでまじに遅くなりました><
あぁ~小説書くのが楽しいのやら楽しくないのやら・・・・ry





ティガレックスの討伐の後、ドラゴはいつものように朝を迎えた。
ドラゴが朝起きていきなり驚く光景を見た。
それは

ドラゴ:アップル!? 何してるの?!

アップル:ご主人様のために朝ごはんを作ってるんですニャ~。

ドラゴ:ご・・・・ごしゅじんさま?!?!?!?!?!

先日、拾ったアイルーのアップルがキッチンで料理を作っているではないか。
そこにお客様がやってきた
誰かと言うと・・・・

?:ドラゴ~、今日はうちの家来るのが遅いから何事かと・・・・・。

ドラゴ:き・・・・・キオさぁ~~ん。

キオ:どうした ドラゴ?

ドラゴ:アップルがぁ~~~~変なことにぃ~~~~。

キオ:あぁ、キッチンアイルーになったのか・・・・・、どうせだついでに飯食わせてくれ。

アップル:かしこまりましたニャ!! すぐできるので座ってお待ちくださいニャ!!

そうアップルが言うと、キオはドラゴの首っ玉をつかんで一緒に座った。
首っ玉をつかまれたドラゴは首をさすりつつ、料理ができるのをキオと共に待っていた。
そして

アップル:できたんだニャ!!

アップルはそういうと、おぼんに料理をのせて頭の上におき、おぼつかない足で机に料理を運んできてくれた。

アップル:味見しながら作ったんだニャ、どうかニャ? おいしいかニャ?

まだ食べてないのに とドラゴはそう思いながらスプーンを手に取り前に出されている食べてみた。
同様にキオもスプーンを手に取り前に出されている料理を食べてみた。

ドラゴ:・・・・・・・・・・。

キオ:・・・・・・・・・。

アップル:どうなんだニャ???

二人の反応は同じだったようで、目を合わせて一度うなずき ドラゴがこう言った。

ドラゴ:おいしいよ、だけど・・・・何か足りないような気がするんだよね~。

この反応が意外だったようでアップルは耳をぶら下げて、どうしようか と悩んでいるようだった。
そこに助け船がはいった

キオ:ん~、このオムライス・・・・・飛竜の卵をつかった方がおいしい気がするな。

助け船が入ったのが良かったのかは知らないが、このキオの発言にアップルが目をキラキラ光らせてドラゴにこう言った。

アップル:ご主人様~、飛竜の卵を~~採ってきて下さいなんだニャ~~~。

その目には少し涙が浮かんでいた。
これにはドラゴもたまらず、キオとミモリを無理やり誘って飛竜の卵を取りに依頼を受け出かけていった。

また 同じように狩りが始まり、一日が終わっていくのであった・・・・・。







はい~!! 片翼の龍①終わりました~。
次の②は、ココから2年の月日が流れ、ドラゴも中級のハンターになった頃です。
ドラゴは13歳になりました。
キオはすっかりおっさんにry(ちょ!!失礼だぞい!! とにかくすみません><
この頃には、疾風の翼に出てきたライトボウガン使いと太刀使いのあいつらが登場するかも?!(不明です
ドラゴは何を相手に狩りをするのか?!
これは狩人の宿命なのか?!

次回!!
狩人の宿命

です。

何相手に狩りするのかは・・・・まだ決めてない><
と・・・・とにかく お楽しみに~~~~!!!(((((゜◇゜)))))/
スポンサーサイト


追記を閉じる▲


ティガレックスの討伐の後、ドラゴはいつものように朝を迎えた。
ドラゴが朝起きていきなり驚く光景を見た。
それは

ドラゴ:アップル!? 何してるの?!

アップル:ご主人様のために朝ごはんを作ってるんですニャ~。

ドラゴ:ご・・・・ごしゅじんさま?!?!?!?!?!

先日、拾ったアイルーのアップルがキッチンで料理を作っているではないか。
そこにお客様がやってきた
誰かと言うと・・・・

?:ドラゴ~、今日はうちの家来るのが遅いから何事かと・・・・・。

ドラゴ:き・・・・・キオさぁ~~ん。

キオ:どうした ドラゴ?

ドラゴ:アップルがぁ~~~~変なことにぃ~~~~。

キオ:あぁ、キッチンアイルーになったのか・・・・・、どうせだついでに飯食わせてくれ。

アップル:かしこまりましたニャ!! すぐできるので座ってお待ちくださいニャ!!

そうアップルが言うと、キオはドラゴの首っ玉をつかんで一緒に座った。
首っ玉をつかまれたドラゴは首をさすりつつ、料理ができるのをキオと共に待っていた。
そして

アップル:できたんだニャ!!

アップルはそういうと、おぼんに料理をのせて頭の上におき、おぼつかない足で机に料理を運んできてくれた。

アップル:味見しながら作ったんだニャ、どうかニャ? おいしいかニャ?

まだ食べてないのに とドラゴはそう思いながらスプーンを手に取り前に出されている食べてみた。
同様にキオもスプーンを手に取り前に出されている料理を食べてみた。

ドラゴ:・・・・・・・・・・。

キオ:・・・・・・・・・。

アップル:どうなんだニャ???

二人の反応は同じだったようで、目を合わせて一度うなずき ドラゴがこう言った。

ドラゴ:おいしいよ、だけど・・・・何か足りないような気がするんだよね~。

この反応が意外だったようでアップルは耳をぶら下げて、どうしようか と悩んでいるようだった。
そこに助け船がはいった

キオ:ん~、このオムライス・・・・・飛竜の卵をつかった方がおいしい気がするな。

助け船が入ったのが良かったのかは知らないが、このキオの発言にアップルが目をキラキラ光らせてドラゴにこう言った。

アップル:ご主人様~、飛竜の卵を~~採ってきて下さいなんだニャ~~~。

その目には少し涙が浮かんでいた。
これにはドラゴもたまらず、キオとミモリを無理やり誘って飛竜の卵を取りに依頼を受け出かけていった。

また 同じように狩りが始まり、一日が終わっていくのであった・・・・・。







はい~!! 片翼の龍①終わりました~。
次の②は、ココから2年の月日が流れ、ドラゴも中級のハンターになった頃です。
ドラゴは13歳になりました。
キオはすっかりおっさんにry(ちょ!!失礼だぞい!! とにかくすみません><
この頃には、疾風の翼に出てきたライトボウガン使いと太刀使いのあいつらが登場するかも?!(不明です
ドラゴは何を相手に狩りをするのか?!
これは狩人の宿命なのか?!

次回!!
狩人の宿命

です。

何相手に狩りするのかは・・・・まだ決めてない><
と・・・・とにかく お楽しみに~~~~!!!(((((゜◇゜)))))/
スポンサーサイト

【2009/09/30 15:41】 | 小説
トラックバック(0) |


ちょwwアップルかわええwwww

飛龍の卵を今すぐとってくるんだドラゴくん!!w

頑張ってね~~☆

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ちょwwアップルかわええwwww

飛龍の卵を今すぐとってくるんだドラゴくん!!w

頑張ってね~~☆
2009/10/01(Thu) 19:54 | URL  | 月 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。